陶板浴で脂溶性毒の排出                                                内海 聡


脂溶性毒を抜くには、汗をかき脂肪を燃焼するのがもっとも効果的です。

なかでも強力なのは、低温サウナです。

脂溶性毒の排出のほか、血流促進、免疫力などの効果が期待できます。

強制的にたくさん汗をかくので、脂溶性毒だけでなく、有害金属や放射性物質の排出にも効果的です。

 

大事なのは低温という点。

よく銭湯などにある一般的なサウナだと、温度が高すぎて長く入っていられません。

また、高温で急激に体が熱くなると、出る汗は水分が中心となり、肝心の脂肪の入れ替えができません。

 

脂肪に溜まった毒を抜くには、時間をかけて、じんわりと汗をかくのがもっとも効果的なのです。

そうすると脂肪が燃えて、脂肪にたまっていた毒が汗と一緒に排出されます。

実際、低温サウナに入ったあとのヘロイン中毒者の汗には、ヘロインが含まれているというデータもあります。

 

それほど即効性のある解毒方法といっていいでしょう。

最近は、スーパー銭湯など大型の施設だと、いくつか種類の違うサウナが設置されているところもあります。

よく見るフィンランド式サウナは高温サウナですが、スチームサウナやミストサウナなら低温サウナと似たような効果が得られるでしょう。

 

低温サウナを続けた体は、カラカラの状態。

いい油、いい塩、いいビタミンサプリをとり、体を整えていきます。

ただし、低温サウナは、重度の薬中毒の患者さんや放射能の解毒を行いたい患者さんに使用するくらい強力な方法です。

雑巾を絞るように毒を排出できる、もっとも効果的な解毒法ですが、自分で行う場合は、必ずそのときどきの体調と相談しながら行ってください。

 

じっくり、たくさん、汗をかくこと。

現代の毒は脂溶性であるからこそ、これがもっとも効果的な解毒方法なのです。

 

低温サウナよりは強度も効果もゆるやかになりますが、じんわり汗をかくという意味では、陶板浴などもいいでしょう。

 

陶板浴は、体をじっくりあたためることでリンパ球の活性がよくなり、免疫力が高まるというメリットもあるといわれています。

汗の出方がゆるやかなので、体力に自信のない人や、すでに何か病気にかかって体が弱っている人は、とにかく強力に汗を出す低温サウナより、陶板浴のほうがいいかもしれません。

 



陶板浴でヒート・ショック・プロテインを!                                川嶋朗


体を温めてダメージを受けた細胞の修復を

私たちの体は数十兆個の細胞からつくられています。

 

ダメージを受けた細胞を修復するために、どうしたらいいでしょうか。 

それは「体を温める」ことです。

 

私たちの体をつくっているほとんどの細胞はタンパク質からできています。

細胞に高熱を加えると細胞内のタンパク質は損傷を受けます。

しかし、それと同時に「ヒート・ショック・プロテイン」というある種のタンパク質が生まれるのです。 

ヒート・ショック・プロテイン。  訳すと“熱ショックタンパク質”。

1962年に発見された抗ストレスタンパク質です。

 

その名のとおり、このタンパク質には、損傷を受けたタンパク質をもとどおりに修復する働きがあります。

その後、研究を重ねるうちに高熱だけではなく、

 ・疲労

 ・感染

 ・血管の梗塞

 ・虚血状態

 ・紫外線 

などといった様々なストレスによっても損傷を受けることと、同時に、それに対抗するタンパク質が生成されることがわかりました。 

そして、最も効率よく抗ストレスタンパク質が生成されるのは、“高熱"という要素であることが明らかになりました。

 

さらに綿密に調べた結果、

体温よりも、ちょうど2度くらい高いところで活発に合成されるタンパク質に、最も顕著な抗ストレス作用があり、

細胞を修復する力も能力もかなり高いことが、はっきりとしたのです。

 

また、ヒート・ショック・プロテインは、どんな種類の細胞異常にも対応できるきわめて順応性の高いタンパク質です。

 

発生時の刺激から生まれたダメージに対応するだけではなく、

それ以前に存在していた細胞内の不良タンパク質を見つけ出して修復してくれます。

 

さらに、あまりにも細胞の損傷がひどくて修復できないと判断すると、その細胞を死に導いてくれます。

 



身体を温める                                                      ケイクリエイション


本来人間は、その起源が熱帯のアフリカ大陸であったように、もともと暖かい場所で快適に暮らせるような構造になって生まれてきました。

ところが、環境順応性に富んだ生物であることと、また、さまざまな道具(衣類、火など)を発明・工夫してきたことによって、現在では熱帯から寒帯まで、地球上のあらゆる場所で生活する事が出来るようになりました。

しかし動物としての見地からみると、熱帯にはなかった涼しい環境、「冷え」が人間の身体にさまざまな悪影響を及ぼして来ているのです。

 

昔から「冷えは万病の元」と言われるように、身体を「冷え」させる事により以下のような症状を引き起こします。 

 ・手足の指先が冷たい

 ・肩こり、頭痛、腰痛

 ・疲れやすい気がする

 ・季節の変わり目に風邪など病気にかかりやすい

 ・足がむくむ

 ・トイレが近く、熟睡できない 

 

「冷え」は、血液の循環が悪く、新陳代謝が充分に行われないために起きる、熱量不足の症状なのです。

特に女性は、皮下脂肪が男性に比べて多く、寒さに強そうなのですが、脂肪は熱を通しにくく、体温を上げるための筋肉量も少ないため、一度冷えてしまうと温まりにくいのです。

 

自覚症状のない冷え性の方が、事態は深刻かもしれません。

現代生活は冷房をはじめ、冷たい飲み物、一年中あるアイスクリームなど、冷たい、もしくは冷やしたものにあふれています。

当たり前のようになってしまっているこれらの「冷たいもの」は、昔にはなかった、もしくは珍しかったものです。

自然と体の調和を目的にしているヨガでは、身体を冷やす冷たいものを禁じているそうですが、現代人は「冷たいということ」に慣れすぎ、感覚まで鈍くなってしまっています。

 

常に冷たい状況に慣れた身体は、活発に身体が動く、本来の人間と言う動物としての正常である「身体が暖かい」という感覚を忘れてしまっているのです。

人には、動物のような体毛がありません。

そのため暑さに耐えられるように、汗をかくと言う体熱を下げる体温調節機能は備わっていますが、寒さに対しては大変弱く、体が冷えると免疫力も低下して、さまざまな病気にかかりやすくなるといわれています。

一般的に36度未満の体温のことを「低体温」と呼んでいます。

人間の身体は本来正常であれば、常に36度~37度くらいを保てるようになっています。

 

この低体温は、女性が多い傾向にあったのですが、最近では子どもや男性にも見られ、体にさまざまな悪影響を及ぼす原因となっています。 

冷房の効き過ぎる部屋もそうですが、食生活、運動不足やストレスなども原因となります。ストレスは、血管に大きく影響し血流の流れを妨げ、自律神経の働きを悪くしてしまいます。

 

体温が1度上がると免疫力は5倍になると言われています。

体温の上昇が、好中球をはじめ、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球などすべての白血球の働きを促進させる事につながります。

 

冷えは美容の大敵であり、体を温めることは、美肌の素でもあるのです。

体温が上がると血流が良くなり、お肌の乾燥やむくみなどが改善され、基礎代謝が上がって消費カロリーが増え、痩せやすく太りにくい体になると言われています。

基礎代謝とは、呼吸などの生命維持のための活動で消費するエネルギーのことです。

特に運動していなくても、生きていくためにカロリーが消費されています。

この基礎代謝で消費するカロリーは、日常生活で消費するカロリーの7割を占めていると言われています。 

 

冷えには首のつく箇所を温めましょう。

「首」、「手首」、「足首」など、部位に「首」の漢字が使われる部位には太い血管が体の表面近くを通ります。そこを温めることで、温められた血液が手足の末端まで流れ、手先や足先まで温めることができると言われています。

 

人間の体のうち心臓と脾臓にだけはガンができないそうです。心臓ガン、脾臓ガンというのはないのです。心臓は休みなく拍動しつづけていて、発熱量が多いところであり、脾臓も同様に熱をもっているところと言うのが理由だそうです。

心臓と脾臓は、人体の中でもっとも体温が高いところなので、ガンにはならないということです。 

では、反対にガンにかかりやすい箇所はどこでしょうか。

胃、大腸、食道、卵巣、子宮、肺といった、管腔臓器が危険だと言われております。周囲に細胞があり、なかは空洞になっているので、臓器が冷えやすく体温が低いのでガンにかかりやすいそうです。 

 

 

お腹が冷たい人は、内臓の血行が悪く、酸素、栄養素、白血球、免疫物質などのめぐりが悪くなってしまいます。

お腹や腰を温めると血流が上がり、身体全体に熱が行き渡ります。手足の冷えも同時にとれ、むくみが改善されると言われています。 

お腹はかなり冷えやすい部分です。

まずお腹を手で直に触ってみてください。冷たいと感じた人は、内臓全体が冷えている可能性があります。

内臓が冷えていると機能が低下し、食べたものを消化吸収する働きが悪くなり胃腸に負担がかかり、腸内環境の悪化、便秘、下痢、風邪をひきやすくなるなどの状態を引き起こしやすくなります。

 

血流の改善

手足が冷えると指先が痛かったりして、自分が「冷え性」である事を実感する人が多いと思います。

でも、腰回りに対して「お腹が冷えている」と自覚する人は多くはないでしょう。お腹の冷えは「内臓の冷え」と言えます。冷えると全ての内臓機能が停滞してしまいます。特に女性は子宮や卵巣という、男性にはない臓器が骨盤にあり、より臓器が密集していますから、血行が悪くなりやすいと言えます。

 

そこで温めると良いのは、やはり腰周りです。

腰周りには心臓から足への太い血管が走っています。下半身には全身の70%の血液が集まっていると言われています。下半身を温めることで、温められた血液が全身を循環して、体温の上昇につながります。

腰周りを温めて身体の芯から温まる事により、太ももやつま先に温かい血液が送られるため、末端の冷えを防ぎます。また、腎臓の働きが良くなるため、利尿効果が上がり、むくみの改善につながります。

 

お腹の中には、胃腸、肝臓、腎臓、腸などのたくさんの内臓があります。

お腹が温かい人は、これらの内臓が元気に働いています。

腎臓は非常に冷えやすい内臓だと言われています。腎臓は血液をろ過し、老廃物や塩分を尿として身体の外へ排出してくれます。

冷えによって腎機能が低下すると、体液量の調整がうまくいかないため体のむくみに繋がります。むくみが慢性的になるとその部分に脂肪が付きやすくなったり、セルライトができやすくなってしまいます。 

 

便秘の解消のため、腸活に取り組んでいる女性が増えているそうです。腸の状態を良くする乳酸菌や善玉菌を増やすための腸活をしているのに結果に繋がらない方は腸を温めると言う事が欠けている可能性があります。

自分ではお腹を冷やしていないつもりでも、現在は体温が36度未満の低体温の方も多く、自覚がないまま腸を冷えた状態にしているかもしれません。 

 

食事などを通じて外部から体内に入って来る細菌やウィルスの侵入を食い止める役割をする免疫細胞の6~7割が腸に宿っていると言われます。

この細胞は、ある程度の温かさや腸の状態が良くないとしっかりと働いてくれません。

腸活をして腸の状態を良くしたとしても、腸が冷えていると免疫細胞の動きは悪くなり、活発に働いてくれません。 

免疫細胞が働かないと、免疫力も低下するので風邪を引きやすくなり、アレルギーを起こしやすくなります。また免疫細胞はがん細胞を撃退してくれる働きもあります。

 

実は、女性のガン死因の1位は大腸ガンと言われています。腸が冷えていると、腸が働いてくれないうえに免疫細胞ががん細胞と戦ってくれなくなるので、ガンのリスクも高くなるのです。

女性の場合、冷えからくる胃腸トラブルも少なくありません。あご先や口の周り、この辺りにできるニキビの中には「冷え性」が要因となっていることがあります。

 

お腹が冷えると胃腸の機能が低下し、ニキビ・吹き出物など肌荒れとなって表面に現れます。口の周りや顎にニキビができたらそのサインです。冷たい食べ物や飲み物をなるべく摂らないようにするなど、体の内側から冷やさないようにすることも大切ですが、それと併せて特に寒い時期は外側から「腹巻き」で温めると良いでしょう。

お腹が冷えたままだと、腰痛やひどい生理痛、そのほかの病気も引き起こす原因にもなってしまいます。

 

下半身は特に冷えやすく、体温が下がると卵管も収縮させてしまい、子宮内膜症、子宮筋腫、不妊症などの原因にも繋がると言われています。

生理不順の原因は様々で一概には言えませんが、お腹の冷えは女性は特に気を付けるべきです。冷えによって子宮とその周辺の血液の循環が悪くなると、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまい、生理不順や生理痛が重くなる一因となります。

お腹を温めることは、体の冷えを防ぐほかにも、腸の血行が良くなる事による下痢・便秘の予防や、女性の生理痛の緩和にもつながります。

 

健康管理の一番の秘訣は血液の流れを円滑に保つことです。そのための重要な鍵を握っているのが、実は足の「ふくらはぎ」なのです。

人が病気になるのは、血液循環が停滞し、組織の活力が失われた時です。血液が全身を円滑に循環できる体づくりをしていくことは、健康を守るための最重要課題です。

 

そこで注目したいのが、心臓から最も特に位置する筋肉器官の「ふくらはぎ」の働きです。

「ふくらはぎ」は足の血液を押し上げる第2の心臓として働きながら、心臓の動きをコントロールしている高度な器官なのです!

直立二足歩行を始めた人類が重力に抵抗し、血液循環を成立させるための武器として手に入れたのが、ふくらはぎです。

足先に流れた血液を、ふくらはぎの強靭な筋肉群が力強く押し上げる。その勢いを受けて静脈全体の流れが活性化し、血液は滞りなく心臓に戻される仕組みになっているのです。

 

「体を温める」と、温熱による血管拡張作用で血行が促進されます。

それによって内臓や筋肉への酸素供給や栄養補給が増し、腎臓や肺からの老廃物の排泄作用が促されます。その結果、血液が浄化され疲労を回復し、病気予防につながると言われています。

また、温熱効果や血流促進により白血球の免疫機能が促進され、あらゆる病気の予防や改善につながります。ほとんどの病気で発熱するのは、この白血球の働きを高めて病気を治そうとする自然治癒力の表れであると考えられます。日頃から体を温める工夫をしておくことで、病気を防ぎ、改善することができると言えます。 

 

体を温めると血管が拡張され、血液から細胞に酸素と栄養が十分に行き渡るようになります。血液の流れが円滑になることによって我々は食事によって外部から得た栄養を身体全体の細胞に行き渡らせる事が出来るのです。ですから、身体が冷えて血管が縮小すると、肌の細胞に十分な酸素と栄養が行き渡らず、肌トラブルの原因になります。 

 

細胞は新陳代謝を行い絶えず新しい細胞に生まれ変わりますが、このとき同時に老廃物を生じます。この老廃物を排泄するために運ぶのも、血液の役目です。血行が良くなればその分、老廃物の排泄も促進されるのです。老廃物を体に溜め込んでいると、病気になりやすくなると言われています。

 

風邪を引いた時に熱が出るのも、風邪を早く治すための自然治癒作用だと言われています。がん細胞も熱に弱いことが、分かっているのです。つまり、体が冷えると免疫力が低下して風邪をひきやすくなるのです。

体を温めると代謝力が上がって、脂肪が燃焼しやすくなります。ダイエットをしているのになかなか痩せないという人は、この代謝力が落ちている恐れがあります。体温が1度下がると、代謝力は12~13%以上低下すると言われています。

 

体の冷えと病気は相互に関係しあっているといわれています。これは漢方医学の見解です。

体を温めると血行がよくなり、いろいろな病気も改善されていくそうです。 

 

過食やストレス、運動不足といった、体を冷やす要因に事欠かない現代では、だからこそ意識的に体を温め、体温を上げることが必要なのです。